• YUKOWAKI

ストリートピアノ

新神戸駅にストリートピアノを 発見してびっくり!


NHK BSの 「駅ピアノ」「空港ピアノ」 という番組はご存知ですか?


私は好きで、時々見るのですが、 海外の駅や空港に置かれた 1台のピアノを、ただただ 撮影しているという番組。


それは誰が弾いてもよい1台のピアノ。


立ち寄った人が、ふと立ち止まり、 演奏をして、去っていきます。


ある人はクラシックの名曲を奏で、 ある人は自身の曲を弾き語りで歌い上げます。


案内人もナレーションもありません。 効果音もBGMもありません。

演奏後に演奏者にインタビューをしているけれど、 インタビュアーの姿は一切映りません。


15分程度の短い番組ですが、音楽を通じて、

様々な人々の想いや人生が伝わり、いつも心に残ります。


演奏者は人種も年齢も国籍も様々で、

プロを夢見る人もいれば、 夢を断念してしまった人もいます。


世界には様々な国があり、 全てが自由で豊かなわけではありせん。


その中で音楽を続けられる人は 限られていますし、 ましてや音楽で食べていける人は ほんの一握り。


それは才能にも環境にも 恵まれた選ばれた人々です。


でも、


音楽を愛し、音楽を楽しむことは 誰でも出来ること。


私は音大時代、 ベルギーのスタージュに 参加したことがあります。



フランスに着いて、 レッスンがスタートするまでの数日間、 練習場所がないので、 街の楽器店のピアノを 弾かせてもらったりしていました。


ある時、私が練習していると、 現地のおじさんがニコニコしながらやってきて、


「やあ、君上手だね!俺もショパンが好きでさ。ちょっと俺のショパンも聴いてくれよ」

(全く言葉は分からないけど、多分そんなニュアンス)


と言って、ノクターンか何かを弾いてくれました。


それはつっかえ、ひっかえで お世辞にも上手とは言えなかったけれど、

何とも味のある演奏で、 私はカルチャーショックを受けました。


なぜなら、おじさんにとって、 ショパンは高貴なクラシック音楽ではなく、 もっと身近でソウルフルな音楽なんだと感じたから。


コンサートホールで息をひそめて聴く

ショパンとは全く違っていました。


「駅ピアノ」「空港ピアノ」を見ると、 その事を想い出します。


音楽は、静かに聴く喜びも素晴らしいけれど、 自分で音を楽しみ感じる喜びは 何物にも変えられません。


そんなストリートピアノが 神戸にもあったとは!


時間が遅くて、 もう誰もいなかったけど、

昼間は誰がが想いをこめて 弾いているのかな♫


追伸:この投稿の後たくさんの方から、神戸の各所にストリートピアノがあると教えていただきました。そうでした、神戸は音楽のまちでした!!

0回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com