母の日でも誕生日でもないけれど

母は昔から働き者で掃除好き。

体重が40kgもない母だけれど

とにかく今でもよく動く。

台所で洗い物をしていたかと思えば

ベランダで洗濯物を干していて

家に見当たらないと思えば

庭の隅っこで雑草抜きをしている。


幼い頃は毎朝起きてすぐ

リビングの窓拭きをしていたのを覚えている。


そこに手をつこうものなら

とんでもなく怒られるくらい

朝からそれはピカピカに

磨き上げられていた。


またサラサラしていないと嫌だと

1日何回も掃除機をかけて

床の水拭きをするものだから

逆にフローリングが傷むほど。


今では母がせっせと拭き続けた月日で

実家の床板は所々剥がれかけている。


頼むから掃除機を夜にかけるのは

やめてくれと父に言われるまで

夜も掃除機をかけていたし

ガンガンと隅まで掃除機をかけるから

巾木が傷むほどだった。


今はそこまでではないけれど

実家に行けば夜遅くまで

コロコロクリーナーをかけている。