潮風ミューズアカデミー卒業旅行@淡路島〜感動のスペシャルランチ

最終更新: 6月19日

潮風ミューズアカデミー卒業旅行♫

卒業式のランチは、淡路島在住のミューズ生、真美さんが地元のカフェにお弁当を注文してくれたので、みんなで受け取りに行くことに。

ところが行ってビックリ!

そこは山奥にある廃校になった小学校。


一瞬心霊スポットに連れてこられたかと思ったけど…(失礼!)

近付くと何ともノスタルジックでアーティスティックな世界。



そこは廃校をリノベーションして作られたアーティストコミュニティ、

ノマド村にあるCAFE NOMADO

どこを切り取っても絵になります。

このノマド村を拠点に、ハタラボ島協同組合の若い方たちが力を合わせて、淡路島を中心に「はたらく」価値を創造する様々な事業をされています。

「さまざまな人に出会い、その知恵と技術と経験にふれ、想いや行動をともにすることで、 一人では辿り着けなかったような未来がひらけてくる」

そんなハタラボ島のメッセージは 「優しさで繋がる美しい未来を創る」 私たちの想いとリンクするものがあります。

共に学び成長する仲間と繋がることで ひとりではたどり着けない場所に行くことができる。

それは私がいつも感じていること。 そう、私ひとりで出来ることなんて なんとなんと限られていることか!

潮風ミューズアカデミーも 私ひとりではとても成り立たない活動で ミューズのみなさんがいてくださるから 思いもよらない幸せな化学反応が どんどん起こるのです。

この卒業旅行もしかり。

注文したお弁当は、なんと大きな仕出箱に盛り付けられたパーティーバージョン! 思わずミューズのみんなも歓声をあげます。

な、な、なにこれー♡



地元の野菜やお肉をふんだんに使ったお料理。 ベーグルの小麦も淡路島産というこだわり。

ワーキャー言いながら、みんなで写真を撮ってはうっとり眺め、ため息をつきます。


仕出箱を運び、お腹を空かせていちご農園に戻ったら、園長さんのご好意で美味しそうないちごが盛られたお皿がテーブルに置かれていました。 またも感激♡

そして海と山に囲まれた自然の中で 大好きなみんなといただくランチは最高の贅沢。

心も身体も満たされて 何度も何度もみんな 「幸せやなあー」と言いながら 完食いたしました。

淡路島を愛し、淡路島に住む人、訪れる人を大切にする心遣いに触れた感動の旅。 美味しい旅は まだまだ、つづく…笑

37回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com