潮風ミューズ卒業生ストーリー 淡路島のミューズ編

初めてお会いしたのは数年前のこと。

「ギリギリまで、ここに来るのをやめようと思っていました」とまみさんは話されました。


今思えばその時やめずに来てくださって、本当に良かったと思う貴重な出会いでした。


場所は大阪。盲目のセラピスト亀ちゃんが当主である

幸せの入り口屋 心眼塾での出会いでした。まみさんは京都からいらしていました。


6人限定のクラス。

瞳を閉じて、心の眼を開いて、語り合います。


アイマスクをして聴くまみさんの声は

少し低くて柔らかくて、心にしみこむようでした。


「いつか淡路島に住みたい。」


そんな風に話されていました。


数年後、私のファスティングセミナーにいらしたまみさんは、すでに淡路島に移住されていました。

まみさんのハーブ畑

今を変えたい

生き方を変えたい


そう思いながら変えられない理由が山ほどある中で


まみさんはそれを本当に変えた人。


たったひとりで

京都から飛び出し

新しい土地

新しい仕事

新しいコミュニティに

飛び込んでおられました。


そして


「生活を変えたいと思って、移住したのに

 仕事ばかりで淡路島の海も眺めていないことに

 気付いたんです。」


そんな風に話されました。


そして…潮風ミューズアカデミーに入学されました。


「何よりも安心感が得られました。

自分はひとりじゃない。何かあった時には、必ずみんなが支えてくれるという安心感が得られました。」


そう言うまみさんこそ、アカデミーのみんなにとって、包み込むような安心と絶対的な信頼を与えてくれる存在♡






「潮風先生が私にはブログが合ってるとおっしゃった言葉が私の中に落ち、俄然、やる気になり、自分の伝えたいこと、書きたいことが書けるようになりました。」


そんなまみさんのブログ、

私は大すきです。


この記事は一歩踏み出したいあなたへ

軽やかな勇気を与えてくれる

「魔法のことば」


そして大切な誰かを失ったひとの心に優しく届く

「亡き母に捧げる言葉」


思わぬご縁でまた新たな環境で仕事をすることになったまみさん。新しいスタートをこれからも応援し続けます!


0回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com