長すぎる感想文 出会いのルーツを3つ掘り起こす

潮風ミューズアカデミー卒業生の小山真美さんのはじめてのファスティングセミナー@淡路島


淡路島の「A」ポーズ(^^)淡路島サイコー!

私にとっても

忘れられないセミナーとなりました。


真美さんが想いを込めて語る姿に

レーザーポインターを握る震える手に

参加者の方を温かく見つめる眼差しに

冒頭から涙。。。


真美さんの言葉は、心の奥に届く力があります

真美さんの参加者の方への愛が溢れています♡

潮風美ジネス塾1期生でもある真美さんは、塾の中でも先陣切ってのセミナー開催だったので、前例のない中不安になることもあったと思います。


それを乗り越えて迎えた当日!


みんなに愛される真美さんは、淡路島の方だけでなく、アカデミーのメンバーもわんさと応援に駆けつけ、もう家族総出で見守る参観日みたいです(^^)


奥のテーブルは潮風ミューズアカデミー応援隊♡

セミナーの食事も、アカデミー同期のはるちゃんがこの日のために作り上げたビーガンカレー。イケメンの息子さんは、チラシ作りから関わり、当日は配膳からサーブまで爽やかなおもてなしぶりです。


潮風ミューズアカデミー同期の仲良しコンビ♡


はるちゃんの絶品カレー!もちろんおかわりしました(^^)

仕事を休んで京都から駆けつけた真美さんの娘さんも、受付に撮影にと常にそばで真美さんを支え、母に代わって一人一人に感謝を伝える姿にまた涙。


娘さんが素晴らしすぎて♡感激しました!

ただセミナー会場にいるだけで

真美さんの人柄が溢れています。


私の所属する分子整合医学美容食育協会では

、何を伝えるにしても、大切なのはやり方ではなくその人の人間力、その人の在り方だと教わります。


真美さんの在り方は

私に感動を与えてくれます。


真美さんと出会ったのは、私の尊敬する盲目のカウンセラー、西亀真さんが主宰される心眼塾でした。


初対面のメンバーともアイマスクをして「心眼」で心を開いて語り合う、そんな不思議な心眼塾。今は12期となる心眼塾の、私たちは6期生として出会いました。


懐かしい心眼塾6期。亀ちゃんを囲んで♡

おそらくそれぞれに悩みや葛藤や焦燥を抱えていたと思います。そこに西亀さんの温かい声が、心に響く語りが、私たちをどこまでも優しく包み込むので、全てが優しく滲んで、溶けてひとつになっていく…そんな特別な時間を一緒に過ごしました。


真美さんとは決して

多くを語りあったわけでも、

2人きりで話したわけでもなかったけれど

優しい絆をお互いに抱いていたと思います。


その時真美さんはまだ京都にお住まいで

「いつか淡路島に移住したい」

と話されていたのを覚えています。


それから数年後


私がファスティングセミナーを始めたばかりの時、突然「覚えてますか?」と真美さんからメッセージがあり、セミナーに参加してくださいました。


神戸元町で行った夜のファスティングセミナーでした

すでに淡路島に移住されていた真美さんでしたが、多忙な毎日で「大好きな淡路島の海も見ていない」と話されていたのが印象的でした。


それから「そんな今を変えたい!」と潮風ミューズアカデミー1期生になり、仲間と一緒にアカデミーを盛り上げてくださいました。


ちょうどコロナで緊急事態宣言が出された時で、サロンを休業していた私は、ともすると落ち込みそうになりましたが、1期生の明るい笑顔と純粋な姿に励まされました。


潮風ミューズアカデミー1期生!素晴らしい出会いでした♡

期を重ねて、アカデミー卒業生の中に「自分が変わりたい!」から「誰かの力になりたい!」とファスティングを学び続けたメンバーがいらしたので、私で力になれるならと、潮風美ジネス塾が誕生しました。


今の私を支え導いてくれたのは、

いつもそんなミューズ生のみなさんです。


そして


今回の真美さんのセミナー。


どこまでも周囲に対する

愛と感謝に満ちていました♡


大好きな淡路島。

いつまでも眺めていたい美しい海。

そこで出会った移住者の方々の

夢を叶えてキラキラと輝く姿。

そしてケアマネジャーとして

目の当たりにする

淡路島の介護の現実。


家族のために

大切な人のために

夢を叶え続けるために

淡路島のみなさんに

いつまでも健康でいて欲しい。


そんな真美さんの想いが

胸を打ちます。


そしてセミナーの中でも

参加者の方との画像や

私たち潮風健康美塾の画像も

たくさん紹介されて

ひとつひとつに感謝をされます。


潮風ミューズアカデミーに対しても、こうして感謝を伝えてくださいました。

その感謝力は、

私にある言葉を思い起こさせます。


「出会いのルーツを3つ掘り起こして感謝しましょう」


これは私の家のトイレに貼っている、日めくりカレンダーにある言葉。


目の前の人に感謝することすることはできても、その人に出会うきっかけを作ってくれた人に感謝できていますか?


そしてその人を紹介してくれた人は誰でしたか?


というメッセージで、感謝に感謝を重ねる大切さを説いています。


三三九度、数字を重ねた祝日。感謝を重ねる日本人の心♡

必死で頑張っている時、自分のことでいっぱいいっぱいで目の前の人に感謝することさえ忘れそうになるのに、真美さんは何度も何度も感謝を重ねていました。


そんな素敵な真美さんと出会わせてくださった方に私も改めて感謝をしたいと思います。


真美さんとの出会いの場を作ってくださった幸せの入り口屋当主西亀真さん、西亀さんをはじめ、素晴らしい方々との出会いを叶えてくださった人持ち人生塾