酵素が老化を左右する


今日は私たちの身体に必要な「酵素」のお話

そもそも酵素って何?

酵素が一般的に知られるようになったのは21世紀に入ってから。

言わゆる「酵素栄養学」もまだまだ新しい学問です。

だから改めて「酵素って何?」ときかれると

それが栄養素なのか、菌なのか、ホルモンなのか

イマイチわからなくないですか?

ちょっと簡単に説明してしまうと・・・

私たちがものを食べても、そのままでは体内に吸収されず

栄養にもエネルギーにもなりませんよね。

たんぱく質はアミノ酸に

炭水化物はブドウ糖に

脂肪は脂肪酸に

分解されなければ体内に吸収できないわけです。

その分解や消化の働きを助けるのが「消化酵素」で

吸収した栄養を私たちの身体の生命活動に変えるのが「代謝酵素」です。

体内酵素は2種類に分かれるのですね。

まず、ここが大事なポイント!

酵素の生産量は決まっている

私たちの生命活動に関わる酵素

私たちは酵素がなければ生きてはいけません。

だから体内の酵素が不足すると病気になるし、

酵素がなくなる時が死を迎える時だと言われています。

そして個人差はありますが

私たちが一生に生産する酵素の量も、1日に生産する酵素の量も

決まっています。

これもまた大事なポイントです。

つまり酵素を無駄使いすると、

早く老化してしまうし、

早く死んでしまう、という事です。