• YUKOWAKI

どんな高い化粧品を使うより大事なこと


もしあなたが

毎日のスキンケアを

作業のように漫然と行っているなら

それはお肌にとってあまり意味のない

行為かも知れません。


「にっくきニキビめ!」

「このシミがなければ!」

「もうしわだらけ!」

などと自分のお肌に

ダメ出しをしながら行っているなら

どんなに良いお化粧品を使っても

効果は出ていないかも知れません。

「もったいない」とケチってお化粧品を使ったり

「時間がない」と鏡もろくに見ていなかったら

お手入れにかけているお金も時間も

無駄になっているかも知れません。

スキンケアってファスティングと同じ

自分を愛する行為です。

あなたはどんな気持ちで
スキンケアを行っていますか?

まずは化粧品を前に

「絶対にきれいになるぞ!」と

気合いを入れましょう

そして泡立てながら

塗りこみながら

ステップごとに

「きれいになあれ❤」と

魔法をかけましょう

トラブルが出ていたら

「ごめんね」「ゆるしてね」

と謝ってあげましょう。

それだけでスキンケアの効果は

目に見えて違ってきます。

本当に!

なぜならお肌はどの臓器よりも

心の声を反映するからです。

「皮脳同根」という言葉を

きいたことがありますか?

私たちがお母さんのお腹から生まれる前

まだ小さな卵(受精卵)の時。

初期の受精卵はまず、

外胚葉、中胚葉、内胚葉の

3つの層に分かれます

皮膚と脳、神経系は

同じ外胚葉。

そこから脳は内側に入り込むように

皮膚は外側を覆うように分化して

形成されていくのです。

つまり皮膚と脳は根っこが同じ、

同じルーツから

発生しているので

非常に密接な関係にあり

お互いが影響を受けやすいのです

だから皮膚は私たちが思っていることを敏感に察知します

頭の中で自分のお肌の悪口を言うと筒抜けです。

あなたにそのつもりがなくても

お肌はあなたの心の声の影響をもろに受けているのです

特にお手入れの時は

お肌を愛し、いたわってあげましょう。

毎日頑張ってくれて

「ありがとう」と感謝して

傷ついていたら「ごめんね」と

なぐさめてあげて下さい。

「どうせ無理」とか

「今さら仕方ない」とか

自分の価値を下げ

自分を嫌いになる言葉をかけてはいけません。

お肌のトラブルを責めたり

お肌のサインを無視したり

ほったらかしにしていたら

お肌と心は離れていってしまいます。

表皮細胞は基底層というところで

毎日ポコポコ生まれてくる

あなたの赤ちゃんです。

あなた自身が愛情かけて育ててあげなければ

どうして元気に育つでしょうか。


私たちはお客様のフェイシャルケアをする時

「きれいになあれ!」

「絶対にきれいにするぞ!」

という強い想いで行います。

あなた自身がキレイになる可能性を信じて

守ってあげなければ

どうしてキレイの魔法が続くでしょうか。

お肌はとても傷つきやすく繊細な

あなた自身なのです。

お肌が泣いていたら

あなたの心が泣いていないか

問いかけてあげて下さい。

そんな毎日のささやかな行為のつみ重ねが

あなたの自己愛を育て

あなたをキレイにしてくれます。

他の誰でもないあなたのために

スキンケアの時間を

大切にして下さいね。


0回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com