• YUKOWAKI

本物の欲望とは


そうだ!ファスティングをしよう!

と思い立って

ファスティング3日目。

(いきなりファスティング禁止!)

心がモヤモヤした時

答えが見つからない時

ファスティングは

ひとつの助けになったりする。


本物の食欲と 偽物の食欲を 見極めることは 本当の自分の夢や望みを 見極めることに似ている。 私たちが どうしても食べたい! 食べたくて我慢できない! 〇〇を食べない(飲まない) 日なんて考えられない! と感じている食欲の多くは 別の欲求のすり替えだったり 誰かの意図ですりこまれた 欲望だったりする。 だから、 欲しいと思う前に 無意識に口にしてしまったり 食べれば食べるほど もっと食べたくなったり してしまう。 私たちの望みの多くも それに似ている。 どうしても〇〇が欲しい! 自分には〇〇が必要だ。 〇〇のない人生なんて 考えられない! 〇〇は お金だったり 人だったり 物だったり 権力や自由だったりする。 それが果たして 自分自身の 本当の望みかどうか 見極めるのは 非常に困難だ。 テレビを見て ネットを見て 他の人と比べて

または

自分の喪失感を埋めるために

かきたてられた欲望は 自分の心の奥から 生まれた本当の望みとは 違うものだ。 だから もっともっと! と、欲望は増し 常に満たされず 焦燥感に駆られる。 本当の望みと 思い込んで 努力を重ねても 上手くはいかないし いつのまにか 誰かを傷つけたり 誰かを利用したりして 知らず知らずに 自分も周りも 不幸にしてしまう こともある。 そんな時は 自分自身とひたすら 真剣に向き合って 自分の本当の心の動きを よく観察する。 ファスティングはまず 自分の食欲と 向き合うことから始まる。 食欲を見極めることは 自分の本当の望みを 見極める力に 繋がっている。 ファスティングに入ると 「意外とお腹が空かない」 「我慢できない程ではない」 とみなさん言われる。 「食べないと死んじゃう!」 「お腹が空いて倒れちゃう!」 と思っていたのに 全然死なないし ちゃんとしっかり歩いてる。 何かに執着してしまう時 何かに固執してしまう時 それをやめてみる。 それを手放してみる。 それは私にとって なかなか難しいこと だったりする。 だから ファスティングは 自分自身に向き合い 自分自身を改める ひとつの手段。 自分自身の 心と向き合う ファスティング そんなファスティングを 伝えていきたい


72回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com