• YUKOWAKI

日本一出世した男の言葉とは


突然ですが、 日本一出世した人は 誰でしょう?


そう、ひとりは間違いなく 豊富秀吉でしょう! 私は戦国武将の中でも 「人蕩らし」の秀吉が好きで 晩年はともかく 信長に仕えた時代の 仕事ぶりなんかは ものすごいなあと思います。 秀吉だけではなく 鬼上司信長の家臣たちって それはもう壮絶に働いていて 心身ともに、

こき使われています。 そんな話と比べると あまりにささやかな話ですが、 私の仕事のひとつは サロンでのお客様の施術。 お客様に喜んでいただき その対価として お金をいただいています。 「お金を稼ぐ」というのは そういうシンプルなこと

じゃないかなと 思っています。

自分が提供した

サービスや商品で

誰かに喜んでもらった分 お金がいただける。

それが利益となり

自分の収入となる。

パートタイマーでも

社員でも経営者でも

根本は同じだと思います。

だから「働き損」なんて 言葉を聞くと なんだかなあと思います。 「仕事」は「人に仕えること」

と書きますが、

そのとおり

「仕事」とは 自分の能力の限り 人に仕えること だと思っています。 だから、 上手に損得勘定をして お金を手に入れたりすることは なんかピンとこなかったりします。 「新史 太閤記」 (司馬遼太郎著)の 秀吉と半兵衛のやりとりで 私の好きな言葉があります。 竹中半兵衛を 織田家に寝返らせるために、 秀吉が半兵衛を口説く場面で 秀吉は信長の事をこう話します。 「信長はおそろしく仕事好きで 家来についても仕事をする者のみを好み、甘言讒言で家来を愛憎したりすることはなさらぬ。能のある者を好み、その好む度合いは馬を愛するよりはなはだしい。」 そして秀吉はこう続けます。 たとえばその好例が自分である、と。土民の出の自分でさえ、これほどに愛されていることを思いくだされば、あなた(半兵衛)ほどの人材が織田家に来ればどれだけ優遇されることでしょう、と。 半兵衛は人を人とも 思わないような 信長の事を嫌っているので、 こう反論します。 あなたは信長があなたを愛すると言われるが、あの態度は愛するというよりあなたを使っているだけのことだ。 そうすると秀吉は こう言うのです。 「これはしたり、貴殿ほどのお人のお言葉とも思えませぬ。愛するとは使われることではござらぬか」 小説の中で、 半兵衛も秀吉のその言葉に 衝撃を受けています。 「士が愛されるということは 寵童のような情愛を受けたり、嬖臣 のように酒色の座に同席させられるということではあるまい。 自分の能力や誠実を認められことであろう。理解されて酷使されるところに士のよろこびがあるように思われる」 誰かに愛され、 誰かに喜ばれること。 仕事の根っこは いつの時代もきっと同じ。 さあ、今日も働くぞ!


92回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com