• YUKOWAKI

ファスティングマイスターフォーラム2018レポート


ファスティングマイスター

フォーラム2018に 参加してきました!

「ファスティングを文化に!」

という私たち

ファスティングマイスターの

想いがひとつになった祭典。



特別顧問の山田豊文先生。

多くの有名アスリートや芸能人、

各界の著名人のファスティングを

指導をされています。

白鵬のファスティング指導されたことでも有名です。


「ファスティングって何?」

と質問されることは なくなってきたけれど、 まだまだファスティングは 「文化」とまではなっていません。 飽食の現代において 食べないことより 食べすぎることの弊害の方が 山程あるのに そして本当はみんなそれに 気付いているのに それでもなお 食べないことへの 恐れや不安は根強いものです。 でも本当は 食べる事と同じくらい 食べない事は自然のこと。 だって自然界では 野生動物だって 昆虫だって 食べ続けてはいません。

自然と断食をしています。 芋虫は蝶になる時 さなぎとなって断食します。 おたまじゃくしも カエルに変わる時 断食します。 野生動物も 怪我や病気の時 食べずにじっと 巣穴にこもります。 断食という言葉の持つ 辛く耐える マイナスのイメージ。 ストイックで マニアックなイメージ。 それはほんの一面的なもの。 だいたい 正しく食べる人は 正しい物を 正しいタイミングで 食べています。 つまり言い換えれば 不自然な物を 変なタイミングで 食べたりしていません。 正しく食べることは 正しく食べないことに 繋がっています。 また、 ファスティングが 糖質制限や カロリー制限などの ダイエットと違うのは 食べないことで 食べ物への感謝が生まれること。 食べ物を育む自然にも 感謝が生まれること。 自分の本来持つ 身体の力や直感への 信頼が生まれること。 例えファスティングを やるきっかけが 「自分の体重を減らす!」 という自分入口だったとしても 出口は周りへの感謝や信頼に 繋がっています。 だから ファスティングには 愛がある! 書家中塚翠涛さんの書かれた 協会の理念


中塚翠涛さんと言えば、

ユネスコ「富士山世界遺産」、

松竹映画「武士の献立」など

多数の題字を書かれた方。

TBSドラマ「SPEC」で、

主人公戸田恵梨香さんが書く

「書」の制作や、監修も務めています。

ちなみに中塚翠涛さんも

フォーラムに参加されて 朝は1杯のKALA酵素から始まる

とお話されていました。 書家でも アスリートでも 格闘家でも 音楽家でも どの世界でも 一線で活躍する人は ファスティングの意味を すでに理解しています。


WBKF世界70kg級王者の城戸康弘選手

「ファスティングを文化に」 そのいぶきを感じた ファスティングマイスターフォーラム2018。 また2年後 成長した自分で参加したいです。


52回の閲覧
潮風ロゴN 横長.png
info@shiokaze-kobe.com